信濃路@蒲田(2019/04/19)2

190419shinanoji2

190419shinanoji 190419shinanoji3

蒲田駅東口の信濃路に2002年4月18日以来の訪問ですが、実質初訪問みたいな感じです。椅子有りのカウンターに一部立ち席があります。券売機が無いので口頭でかきあげ天そば320円を注文。前回の訪問でも同じ値段なのは驚きです。かけ270円、もり280円、ざる340円たぬき300円、きつね、玉子、わかめ320円をはじめ定食とつまみが多数あります。麺は麺の富田屋(田口製麺)の茹で麺で量が多め、かきあげ天は玉ねぎ、紅生姜、ネギの構成でややもっちゃり気味でした。営業時間は6時から21時まで、ほぼ無休です。

190419shinanoji4 190419shinanoji5

信濃路
東京都大田区蒲田5-16-8
立ち食い25、東京都25、大田区1、再訪

| | コメント (0)

高橋@梅島(2019/04/17)1

190417takahashi2

190417takahashi 190419takahashi3
梅島に2019年3月に開業した高橋です。表のメニューを確認です。かけ、もり、中華もり300円、きつね、たぬき、月見330円、かき揚げ400円、肉、カレー450円に各種定食といった具合です。店内は4人掛けのテーブルが2卓で、冷水器が流行りのウォーターサーバーです。かき揚げそばを口頭注文して待ちます。タイマーの鳴る音がして運ばれてきました。黒目の辛口汁に細麺、かき揚げは玉ねぎ、ニンジンの構成でした。席注文、配膳ありで後払いですが、価格面で立ち食い扱いにします。営業時間は暫定的ですが、11時30分から21時、休みは日月とのことでした。

190417takahashi4 190419takahashi5

高橋
東京都足立区梅島1-11-11
立ち食い24、東京都24、足立区1、初

| | コメント (0)

彩彩@大井町(2019/04/16)3

190416saisai2

190416saisai 190416saisai3
大井町の彩彩に2014年12月26日以来の訪問です。路地が狭くて店頭の画像が斜めなのは仕方がありません。かけ310円、もり、月見350円、ざる、たぬき、きつね、わかめ、かきあげ400円などのラインアップです。店内は椅子有りカウンター5席ほどで、久しぶりなのでかきあげそばを口頭注文。生麺の都度茹での細麺、かきあげは揚げ置きで玉ねぎ、ニンジン、ネギの構成でガリっと系、汁はやや辛口のものでした。路麺店としての営業時間は6時30分から15時まで、土日祝休み。17時30分からは居酒屋になって、こちらは日祝がお休みです。

190416saisai4 190416saisai5

彩彩
東京都品川区東大井5-2-12
立ち食い23、東京都23、品川区3、再訪

| | コメント (1)

池尻蕎麦@池尻大橋(2019/04/12)1

190412ikejiri2

190412ikejiri 190412ikejiri3 2019年3月29日に閉店したホーチャン駅前店が、ほぼ居抜きで池尻蕎麦として復活しました。店内は入って左手が椅子有りカウンター、右側が厨房に向かった立ち食いカウンターです。券売機でメニューの確認、かけ350、もり400円、ざる450円、たぬき、玉子、わかめ410円、きつね430円、かき揚470円で例によってかき揚そばを購入。宝録堂の生麺の都度茹でなので少し待ちます。細麺に出汁の効いた甘口の汁、かき揚は玉ねぎ、ニンジン、青菜でわかめがアクセント。営業時間は11時から23時まで日祝がお休み、17時からは居酒屋モードです。

190412ikejiri4 190412ikejiri5

池尻蕎麦
東京都世田谷区池尻3-2-3
立ち食い22、東京都22、世田谷区2、初

| | コメント (0)

かき天@新橋(2019/04/01)1

190401kakiten2

190401kakiten 190401kakiten3 新橋に2019年3月18日開業した「かき天」です。元は2019年2月1日に閉店した富士そば新橋店でした。富士そば閉店後に短期間でかき天になりましたが、新旧の店同士何らかの関係があるのでしょうか。さて、店外のメニューで確認。かけ、せいろ290円、わかめ390円、刻みきつね410円、かき揚げ、有頭海老のかき揚げ460円、海鮮かき揚げ540円といったところ、玉子関係がトッピングを含め有りません。また、たぬきもないですが店内で確認したところ揚げ玉フリーでした。初回の吉例でかき揚げそばを店外の券売機で購入し店内へ。店内は固定椅子の曲線カウンターとテーブル席で中途半端な時間ですが結構な客入りです。券売機は店内にもありました。注文口で食券を渡すと番号で呼ぶとのことでした。厨房を覗くとそばは生麺の都度茹で、かき揚げも都度揚げの模様です。先客4人待って到着。白い丼にかき揚げが別盛りで供されました。エコ箸でいただくと、そばは細麺で腰があり、汁は出汁の効いたやや薄口です。かき揚げは玉ねぎ、ニンジン、カボチャの構成でさっくり揚がっていました。全体のバランスは良いのですが、そばの量がお上品で新橋の客層に合うのかどうかが気になりました。営業時間は月-金の7時から23時30分、土曜は8時から22時、日祝は9時から21時まで、ほぼ無休です。

190401kakiten4 190401kakiten5

かき天
東京都港区新橋2-15-12
立ち食い21、東京都21、港区12、初

| | コメント (0)

福そば@人形町(2019/03/23)4

190323fukusoba2_1
190323fukusoba_1 190323fukusoba3_1 人形町の福そばです。14時過ぎの訪問でしたが店内は満席で店外で少々待ちました。券売機で天ぷらそば430円の食券を購入して、そばで桜えび天を申告。生麺の都度茹でで腰と香りがあります。桜えび天は桜えび、玉ねぎ、水菜の構成で揚げ置きですが、油がしっかり切れているのが良いです。汁は出汁とかえしのバランスが取れたものでした。営業時間は月-金の6時40分から20時30分、土祝日は16時まで、日曜が休みです。
190323fukusoba4_1 190323fukusoba5_1
福そば
東京都中央区日本橋人形町1-16-2
立ち食い20、東京都20、中央区、再訪

| | コメント (0)

ゴンちゃん@野方(2019/03/19)1

190319gon2
190319gon 190319gon3 野方の路麺店はかなり前に閉店した「おがわ屋」以来途絶えていましたが、2019年3月1日にたこ焼き屋の跡地に「ゴンちゃん」が開業しました。昼は路麺、夜は飲み屋の二毛作ですが、路麺復活は喜ばしいです。11時20分あたりに到着したところ、先客2名は飲みモードでした。店外のメニューを確認、かけ300円、ワカメ、たぬき、きつね、玉子(トッピング)350円、天ぷら、コロッケ380円でかきあげ単品が100円ですので要注意ですね。店内に入って天ぷらそばを口頭注文、麺は袋入りの茹で麺、天ぷらは揚げ置きで玉ねぎ、ニンジン、ゴボウに紅生姜の構成で徐々に崩れるタイプ。甘目の汁に紅生姜の爽やかさがアクセントになっています。路麺店としての営業時間7時から14時までです。休みをお聞きしたところ、日曜日の3月17日は営業したが客の入りが今一だったらしく、日曜が休みになりそうとのことでした。店名は「ゴンちゃん(昼の部)」で大丈夫らしいです。

 

190319gon5 190319gon4
ゴンちゃん
東京都中野区野方5-32-4
立ち食い19、東京都19、中野区1、初

| | コメント (0)

ホーチャン本店@池尻大橋(2019/03/14)1

190314hochan2 109314hochan 190314hochan3 池尻大橋駅の西口を出て国道246号線を三軒茶屋方向へ進み、納豆のせんだい屋の角を右折するとホーチャン本店があります。椅子有りのカウンターと奥にテーブルがあり結構収容力があるようです。メインのメニューはカウンターの奥にだけあるので少々見ずらいですが、かき揚そば500円を口頭注文、麺は隣接する製麺所(宝録堂食品)の生麺を一度茹でて冷水で絞めて再加熱と丁寧です。かき揚は一度揚げたものを再度揚げているようです。深めの丼に盛られて到着。細目のそばに出汁の効いた汁、かき揚は玉ねぎとニンジンの構成でわかめがアクセントです。ラインアップはかけ380円、もり430円、ざる530円、玉子、たぬき450円、きつね、わかめ500円といささか高値で、勘定は後払いですが店内の雰囲気から立ち食いそば扱いとします。営業時間は月-土の7時から20時まで、日祝がお休みです。なお、池尻大橋西口前に駅前店がありますが、2019年3月29日で閉店します。

2019年4月5日追記:何ということでしょう。ホーチャン駅前店が、(仮称)池尻蕎麦として2019年4月4日に復活です。

190314hochan4 190314hochan5

 

ホーチャン本店
東京都世田谷区池尻3-18-2
立ち食い18、東京都18、世田谷区1、初

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六文そば@浜松町(2019/03/12)2

190312rokumon2
190212rokumon 190312rokumon3
2011年6月8日以来の浜松町1丁目の六文そばで、いかげそ天そば390円です。券売機なしの口頭注文で興和物産の茹で麺を温めてすぐにでてきました。椅子有りのカウンターで頂きます。六文そばにしてはマイルドな汁でした。丼一杯のいかげそ天ですが、衣が多いように感じました。残念なことに衣に生揚げの部分ありました。メニューはかけ230円、月見290円、たぬき300円、きつね、かきあげ天360円、もり350円、ざる450円でもりとざるの価格差が大きいです。営業時間は月-土の7時から18時30分位までの短縮営業、日祝がお休みです。

190312rokumon4 190312rokumon5

六文そば
東京都港区浜松町1-1-10
立ち食い17、東京都17、港区11、再訪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新角@高砂(2019/03/08)2

190308shinkado2
190308shinkado 190308shinkado3
京成高砂駅そばの新角に2011年6月2日以来の訪問です。券売機無し、椅子無しのカウンターで5人も入れば満席ですね。久しぶりなので、かき揚げそば430円を注文。かけ300円、もり420円、たぬき360円、わかめ400円、生玉子、ゆで玉子60円、温泉玉子80円が基本で、にんにく入りかき揚げ160円というのは三松系列ではここだけですかね。新角天はもう売り切れたのか掲示がありませんでした。麺は三松屋食品の生麺を見込みで茹でたもの、濃いめの汁にかき揚げは玉ねぎとねぎで焦げ目がつくまであげてあり、さくさくでした。営業時間は月-土の6時頃から終電まで日曜がお休みです。場所柄京成線や北総線の社員さんも利用しているようです。

190308shinkado4 190308shinkado5

新角
東京都葛飾区高砂5-36-10
立ち食い16、東京都16、葛飾区1、再訪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧