庭亭@浮間舟渡(2024/02/21)1

240221niwatei2240221niwatei 240221niwatei3
浮間舟渡の庭亭板橋店でかき揚げそば600円です。ここは大きなパチンコ店「新!ガーデン板橋」の裏口に併設された簡易食堂で、ガーデンの和訳が庭ですので庭亭となった模様です。最初裏口から入ったのですが、あまりに目立たないので店内を徘徊して表口から退散後、再度裏口から潜入してようやく発見に至りました。券売機あり、椅子ありカウンターの店内です。掲示されているメニューよりも券売機のメニューが絞られていますので要注意です。そば・うどんはたぬき、ざる500円、トッピングで生卵50円、コロッケ100円といった程度のラインナップです。過去の券売機の画像をネットで見るとかけ、半そば・うどんがあったようです。もしかすると掲示メニューは他の庭亭と共通のものなのかもしれませんね。さてワンオペで先客3組の注文を待ってからの出来上がりです。冷凍麺に薄口の汁、かき揚げは冷凍で都度揚げで玉ねぎ、ニンジン、ネギの構成で甘かったです。営業時間は11時30分から19時30分まで、ほぼ無休です。

240221niwatei4 240221niwatei5

庭亭
東京都板橋区舟渡1-5-7
準路麺2、東京都11、板橋区2、初

| | コメント (0)

けやき@新宿区役所(2024/01/25)1

240125keyaki2240125keyaki 240125keyaki3
新宿区役所地下1階の職員食堂けやきでかき揚げそば450円です。立ち食い価格ですが、ここは準路麺扱いとします。11時30分ジャストに券売機が切り替わり食事メニューが購入可能になります。それまでは通路で待っていました。注文はともかく食券だけでも先行購入できた方が便利だと思いますがね。店内は椅子有りのカウンターとテーブルが多数並んでいます。まだアクリル板が健在ですね。白目の冷凍麺に薄口の汁、かき揚げは玉ねぎ、ニンジン、ねぎの構成でした。営業時間は11時30分から15時まで土日祝がお休みです。店名のけやきですが、新宿の区の木がケヤキであることが由来でしょう。

240125keyaki4 240125keyaki5

けやき
東京都新宿区歌舞伎町1-4-1
準路麺1、東京都4、新宿区1、初

| | コメント (0)

新年のあいさつと2023年立ち食いそば総括

2024年本年もよろしくお願いいたします。

2023年の立ち食いそばの総括です。立ち食い69軒、準路麺5で計74軒。うち新規店が53軒でした。長年の課題だった安房鴨川の両国を訪問できたことが満足な点です。老舗の閉店が続いたのは寂しい限りです。

| | コメント (1)

めん太郎@鹿島神宮(2023/12/18)1

231218mentaro2231218mentaro 231218mentaro3
鹿島神宮のめん太郎でかき揚げそば700円です。久しぶりのパチンコ路麺です。券売機無し、椅子有りカウンター7席、4人掛けテーブルが2卓の構成です。メニューは月見、わかめ、ざる550円、醤油ラーメン800円にカレーや丼ものです。価格が高めのため準路麺扱いにします。昼時で満員で提供されるまで結構待ちました。冷凍麺に出汁感が薄い汁、冷凍かき揚げの構成は玉ねぎ、ニンジン、ねぎでした。12時から16時までの営業で無休だそうです。卓上のメニューにめん六やのものがありましたが、めん六やとめん太郎は同じ会社の経営だそうです。

231218mentaro4 231218mentaro5

めん太郎鹿嶋店
茨城県鹿嶋市宮下4-6-5
準路麺5、茨城県2、鹿嶋市1、初

| | コメント (0)

じんや@イオンスタイル品川シーサイド(2023/10/05)1

231005jinya2231005jinya 231005jinya3
イオンスタイル品川シーサイドの地下1階のフードコートにあるじんやで、かけ蕎麦490円にかき揚げ150円で計630円です。2023年9月4日にじんやがオープンしました。元は生パスタ店が入っていたかと思います。同じ敷地内にあったそじ坊が閉店してから、そばが食せる店が無くなって久しいです。もり蕎麦、かけ蕎麦490円、ざる590円、トッピングはきつね180円、温泉玉子100円、生卵80円、わかめ60円、天かすはフリーです。天ぷらを皿に乗せカウンターで注文です。フードコートでお馴染みのぶるぶるマシーンが呼ばれるまで待ちます。厨房を見ていたところ生麺のようです。ランチタイムの後半戦なので4組位待ってからのぶるぶる。席に運んでいただきます。そばはにちゃり系の生麺、濃い口の汁でわかめとかまぼこがアクセント。かき揚げは玉ねぎ、ニンジン、ねぎの構成でした。営業時間は10時から21時(LO20 時30分)でお休みはイオンに準じますのでほぼ無休です。

231005jinya4 231005jinya5

じんや
東京都品川区東品川4-12-5
準路麺4、東京都23、品川区2、初

| | コメント (0)

加とう@白楽(2023/05/24)1

230524kato2230524kato 230524kato3
白楽の加とうでかき揚げそば680円です。少々値段が高いので準路麺扱いにします。店頭の券売機で確認するとざる、かけ490円、たぬき550円、単品かき揚げ200円。店内の掲示でトッピングの生たまご、わかめ60円でした。あれ、かけ490円にかき揚げ200円だと合計690円とかき揚げそば680円と10円違いますね。L型カウンターで幅広の椅子で下に荷物置きがありますが少々座りづらいです。は天ぷらが都度揚げのため少々待っての丼到着。中庸の汁で麺の種類ははっきりしませんが茹で麺ではないです。かき揚げは玉ねぎ、ニンジン、ネギの構成です。なお、薬味のネギは別注文で60円となっています。営業時間は11時30分から22時まで、5月は隔週火曜がお休みでしたが詳細は公式ツイッターを確認願います。

230524kato4 230524kato5

加とう
神奈川県横浜市神奈川区白楽129
準路麺3、神奈川県14、横浜市5、初

| | コメント (0)

forest@平和島(2023/02/27)1

230127forest2230127forest 230127forest3
京浜トラックターミナルのforestでかき揚げそば550円です。流通センター駅から歩いてトラックターミナルのforestに入店しましたが、実は画像の入り口は裏口でした。店内を突き抜けて券売機にたどり着きかき揚げそば550円を購入。その他はざる500円、わかめ、きつね、たぬき450円、ぶっかけ冷やしは50円増し、その他ラーメン類もあります。店内は広くてテーブル席とカウンター席が多数で、ピーク時にはこれらが埋まることがあるんでしょうかね。冷凍麺に薄口の汁、かき揚げはエビ、玉ねぎ、ニンジンに春菊?が少々、かまぼことわかめがアクセントでした。営業時間は月曜から土曜の7時から9時、11時から14時、16時から20時までで、土曜は夕食はお休み、日曜が定休日です。時間帯によって提供メニューが異なります。

230127forest4 230127forest5

forest
東京都大田区平和島2-1-1京浜トラックターミナル
準路麺2、東京都3、大田区2、初

| | コメント (0)

全日本海員生活協同組合川崎レストラン@川崎市東扇島(2023/01/16)1

230116seikyo2230116seikyo 230116seikyo3
YCATから高速湾岸線経由のバスで東扇島に到着。目指すは東扇島福利厚生センターの食堂です。ローソンの脇の正門を入って右に食堂がありまして、中は結構くテーブル席と壁際のカウンターの構成です。券売機で天ぷらそば480円を購入し、他のメニューも確認しましょう。かけ330円、たぬき、月見400円、きつね450円にラーメン醤油・味噌570円なんかがあります。券売機でゴム手袋売っているところが変わったというか、地域柄といったところでしょうが、3種あるうちの2種が売り切れているので結構需要はあるんですね。さて、冷凍麺にやや甘口の汁、天ぷらは玉ねぎ、ニンジン、春菊の構成でした。営業時間は5時30分から14時30分まで日曜がお休みです。朝8時30分までだとモーニングそば・うどん(かきあげ)が360円で食せますが、車なしではまず無理でしょうね。

230116seikyo4 230116seikyo5

全日本海員生活協同組合川崎レストラン
神奈川県川崎市川崎区東扇島31番地先
準路麺1、神奈川県2、川崎市2、初

| | コメント (0)

スエヒロ@八丁堀(2023/01/11)1

230111suehiro2230111suehiro 230111suehiro3
弾生橋にあるスエヒロでそば300円にかき揚げ180円で480円です。初代スエヒロ八丁堀店が閉店した後、業界ではよく知られたK氏が引き継いで2代目店を再開したのですが、再開間もなくK氏の体調不良で休店となりました。タイミングが悪くてK氏がいた時には私は訪問できていません。その後新たな方が引き継いで3代目店が再再開しましたので、ようやく訪問した次第です。なので訪問カウンターを1に戻しました。11時位の訪問で空いているかと思っていましたが、外まで待ち客がいました。回転が速いのは分かっていますので、メニューを見ながら待ちました。そば・うどん300円、小盛200円、大盛380円、特盛460円、太そば360円、太小盛230円、太大盛520円、げそ190円、ジャンボゲソ270円、かき揚げ180円、玉ねぎ、紅しょうが140円、たぬき、玉子80円、わかめ120円で、一由・○由のメニューを凝縮したようです。初代は六文そば的なものでした。券売機無し、椅子無しカウンターのみの構成は相変わらずです。出汁が香る汁に興和物産の茹で麺がマッチしています。かき揚げは玉ねぎ、紅しょうが、ゲソの組み合わせでこの店の3巨頭のそろい踏みでした。営業時間は月-土曜日の5時30分頃から14時まで、月-土曜日の祝日も営業。日曜がお休みです。

220111suehiro4 220111suehiro5

スエヒロ
東京都中央区八丁堀4-2-1
立ち食い1、東京都1、中央区1、初

| | コメント (0)

2022年路麺まとめ

2022年立ち食いそば、路麺の総訪問数は53軒、うち新規店は35軒でした。2022年も老舗の閉店も多い一年でした。老舗だとミスジ、吉田屋そば、えびすやでしょうか。とりわけ短命だったのはやっぱりそば@雑色で、2か月ほどの営業で実食レポートは私だけの模様です。来年の課題店は、再再開の「スエヒロそば」@八丁堀、「うそ定居」@川崎市川崎区池上新町、「松の屋」@横浜市鶴見区小野町、「太陽楼食堂」@横浜市鶴見区岸谷。「おばちゃんの店」@埼玉県伊奈町。2023年1月開業の豊しまの関連店?の豊はる@神田小川町も気になります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧