« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

惣兵衛@船橋駿河台(2024/03/22)1

240322soubei2240322soubei 240322soubei3
船橋市駿河台の宗兵衛でかけそば430円にかき揚げ80円で計510円です。千葉県勤務時に知っていたような気がした店ですが、ようやく訪問と相成りました。船橋駅北口から古和釜十字路または飯山満駅行きのバスで船橋整形外科下車が近いです。券売機なしの事前清算でカウンター席がなくテーブル席だけのため準路麺扱いとします。メニューはかけ、せいろ430円、ざる450円、きつね、たぬき、月見480円、トッピングは天ぷらイカ、トリ、キス120円、かき揚げ、春菊、舞茸、さつまいも、かぼちゃ、ちくわ80円、温泉玉子100円といったところです。冷凍麺に薄口の汁、別皿のかき揚げは玉ねぎ、ねぎ、紅生姜とイカが入っている様でした。かき揚げが小ぶりですので満腹になりたければもう一品乗せるほうが良いですね。営業時間は11時から17時まで日月がお休みです。

240322soubei4 240324soubei5

惣兵衛
千葉県船橋市駿河台2-15-41
準路麺3、千葉県2、船橋市、初

| | コメント (0)

伊勢路@中野(2024/03/21)1

240321iseji2240321iseji 240321iseji3
中野五番街の伊勢路でささみ天そば510円です。Xで情報を得ましたので訪問です。店頭にむらめんの番重が置いてあって期待できそうです。券売機なし、椅子なしのカウンターの店内です。メニューはかけ390円、たぬき440円、きつね460円、ささみ天、ちくわ天、コロッケ510円、トッピングは玉子50円、わかめ70円といった具合です。かき揚げがないので低脂肪高たんぱくなささみ天にしました。むらめんのやや太めのゆで麺、ささみ天は都度揚げです。汁は薄口のやや甘めな感じでわかめがアクセントでした。営業時間は11時から15時、18時から24時まで月曜がお休みです。

240321iseji4 240321iseji5

伊勢路
東京都中野区中野5-58-2
立ち食い20、東京都15、中野区1、初

| | コメント (0)

鈴しげ@亀有公園前(2024/03/14)3

240314suzushige2240314suzushige 240314suzushige3
亀有公園前の鈴しげで春菊天そば420円です。2018年11月14日以来の訪問になります。前回と今回の比較ですが、かけ290円→300円、もり320円→330円、ざる370円→380円、月見340円→360円、きつね340円→380円、たぬき340円→350円、わかめ370円→400円、天ぷら390円→420円という状況で、最低限度の値上げで済んでいるのは持ち家だからだと推定できます。出汁が香る汁にゆで麺、春菊天は分厚い円盤状でさっくさくでした。営業時間は6時から18時まで、火曜がお休みです。

240314suzushige4 240314suzushige5

鈴しげ
東京都葛飾区亀有5-44-5
立ち食い19、東京都14、葛飾区1、再訪

| | コメント (0)

星のうどん@横浜(2023/03/12)7

240312hoshino2240312hoshino 240312hoshino3
横浜駅西口五番街の星のうどんですうどん370円に春菊天190円で計560円です。今まで6回は訪問している様でしたが、2005年1月30日のブログ開設後はご無沙汰の模様です。横浜駅を代表する路麺として有名でしたが2024年3月31日で閉店となるため急遽訪問と相成りました。以前は相鉄の改札内でしか食せなくて相鉄利用か入場券購入が必要でしたが、いつの間にか改札外の五番街でも食べらるようになっていました。柔めのうどんに出汁の効いた透明な汁が良い塩梅です。分厚い円盤状の春菊天は揚げ置きですが、油切れが良くてさくさくでした。かつてはセルフで摺り下ろしていた生姜はさすがに摺り生姜になっていました。

240312hoshino4 240314hoshino5

星のうどん
神奈川県横浜市西区南幸1-5-1
立ち食い18、神奈川県6、横浜市5、再訪

| | コメント (0)

たこ蕎麦(北海本気ダコ)(2024/03/07)1

240307tako2240307tako 240307tako3
小田急相模原のたこ蕎麦でかき揚げそば500円です。今回は2024年1月18日に開業した居酒屋の北海本気ダコ(マジダコ)の二毛作店になります。小田急相模原は初めてではなく、2006年1月21日大雪の中でそば綱を訪問しました。その後そば綱は再開発で閉店しています。たこ蕎麦は駅前から伸びた商店街の西側にあります。店外のメニューはかけ380円、たぬき380円、きつね450円、トッピングで生たまご、ワカメ80円、たこ焼き、かき揚げ500円といった具合です。店内は券売機あり、テーブル席だけです。券売機ではかき揚げそばは500円ですが、かけそば380円とかき揚げ150円を買うと530円になりますのでご注意ください。食券を注文口で渡してしばしで出来上がりです。お渡し口で追い鰹を少々入れました。黒目の生麺にやや甘めの濃厚汁、揚げ置きのかき揚げは玉ねぎ、ごぼう、ニンジンの構成でごぼうの甘さが良かったです。青ネギ使用は珍しいところです。営業時間は平日は7時30分から13時(LO12時30分)、土日は9時30分からで月曜日と第一火曜がお休みです。

240307tako4 240307tako5

たこ蕎麦(北海本気ダコ)
神奈川県相模原市南区相模台2-4-2
立ち食い17、神奈川県5、相模原市1、初

| | コメント (0)

春夏秋冬@鶴見(2024/03/05)1

240305hnaf2240305hnaf 240305hnaf3
鶴見駅東口の春夏秋冬でそば並400円にかき揚げ80円で計480円です。鶴見駅東口の路麺店は五味酉、うぃーんが相次いで閉店して寂しい状況でしたが、2024年3月から浜ッ子寿司が朝から昼にかけて二毛作でそば・うどんの提供を始めました。手書きの看板によると「お蕎麦が復活」とありますので、以前は寿司屋でのそば・うどんの提供をしていたらしいですがネット上には見当たらないようです。中は当たり前ですが町寿司屋そのままで、カウンターのネタケースの上に天ぷら、おにぎり、お稲荷、卵が乗っているのが路麺店らしさを醸し出しています。海老天230円以外の天ぷらは80円、卵、わかめは50円。汁が東西から選べるので東を選択、トッピングにかき揚げを注文して支払いを済ませてしばし。そばは冷凍かな、汁は関東の真っ黒ではなく鶴見系の超淡色のもので、玉ねぎ、ニンジンのかき揚げは別皿での提供でした。バランスが良い組み合わせでよかったです。営業時間は月-金の6時から14時、土曜は10時から、日曜、祝日の月曜(寿司屋の休みに合わせ推察)がお休みです。

240305hnaf4 240305hnaf5

春夏秋冬
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-8-17
立ち食い16、神奈川県4、横浜市4、初

| | コメント (0)

六兵衛@能見台(2024/03/04)1

240304rokubei2240304rokubei 240304rokubei3
能見台の六兵衛でかき揚げそば530円です。居酒屋の二毛作営業で2023年末には開業していたようです。最近になってXに情報が上がってので出かけてみました。能見台駅を出て右に進むと見えてきます。券売機無し、カウンター席と小上がりがありますが、昼は後者は使っていない感じです。メニューはかけ380円、ざる430円、たぬき400円、月見480円に変わったところでは炙り鶏皮580円といったところです。事前会計を済ませて待つことしばし、茹で釜は奥にあって見えずこの時点での麺種の確認はできません。その後カウンターの流し場でそばを締めて再び奥に。丼に汁を張りかき揚げを乗せて完成です。都度揚げの厚みのあるかき揚げに驚かされました。乾麺風の食感にやや薄口の汁、かき揚げは玉ねぎ、ニンジンの構成でした。営業時間は月、水ー土祝日は6時から13時、日曜は11時から18時、火曜日がお休みです。先客1名は午前中から昼酒でした。

240304rokubei4 240304rokubei5

六兵衛
神奈川県横浜市金沢区能見台通4-13
立ち食い15、神奈川県3、横浜市3、初

| | コメント (0)

文殊@浅草(2024/03/01)5

240301monjyu2240301monjyu 240301monjyu4
浅草地下街の文殊で春菊天そば480円です。第一目標の町中華が定休日だったため急遽こちらに伺いました。相変わらずの繁盛店ですね。茹でたての細麺と円盤状の春菊天が出汁の効いた汁にマッチしていて結構です。この狭い店で天ぷらまで揚げているのは驚きです。

240301monjyu5 240301monjyu3

文殊
東京都台東区浅草1-1-12
立ち食い14、東京都13、台東区2、再訪

| | コメント (0)

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »