« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

うちそば@芝浦(2020/11/25)4

201125uchisoba2201125uchisoba 201125uchisoba3
港区芝浦2丁目のうちそばでかきあげそば480円です。何にするか悩みましたが、結局は6月と一緒のメニューでした。かきあげは揚げ立て、そばも生麺茹で立てで非常に美味です。雨の降る寒い日でしたので出汁の効いた汁をほぼ完食しました。

201125uchisoba5 201125uchisoba4

うちそば
東京都港区芝浦2-1-11
立ち食い53、東京都56、港区28、再訪

| | コメント (0)

越後そば@東京駅一番街(2020/11/20)2

201120echigo2201120echigo 201120echigo3
東京駅一番街地下1階にある越後そばでもりそば390円です。2009年10月14日以来のご無沙汰でした。TBSストアで某番組のコラボ商品を購入後、小腹を満たすために越後そばと思い動いたのですが、周辺が随分変わってしまったので探すのに苦労しました。券売機有り、椅子有りカウンターと立ち食いカウンターの構成は前回と変わっていない様子です。かけ350円、もり390円、ざる440円、月見420円、たぬき440円、わかめ450円、きつね460円、かき揚げ天480円と細かい値段設定です。茹で置きの生麺をちゃちゃですぐに供されました。営業時間は7時30分から22時まで、ほぼ無休です。

201120echigo4 201120echigo5

越後そば
東京都千代?区丸の内1-9-1
立ち食い52、東京都55、千代田区3、再訪

| | コメント (0)

いろり庵きらく@武蔵境(2020/11/12)1

201112irori2201112irori 201112irori3
いろり庵きらくnonowa武蔵境店でかき揚げそば440円です。実は別の個人店を計画していたのですが、当方のポカで出発が遅れてしまい、そちらは別の機会になります。久しぶりのJR系ですので、まあよしにしておきます。かけ320円、もりがなくて、ざる360円、たぬき、月見400円、きつね440円と武蔵野うどんがあります。味は可もなく不可もなく、かき揚げは玉ねぎ、ニンジン、春菊の構成。麺量が多いように感じました。営業時間は月-金7時から22時まで、土曜は21時まで、日祝日は8時から21時まで、ほぼ無休です。

201112irori4 201112irori5

いろり庵きらく
東京都武蔵野市境南町2-1-35
立ち食い51、東京都54、武蔵野市1、初

| | コメント (0)

三松@泉岳寺(2020/11/11)5

201111mimatsu2201111mimatsu 201111mimatsu3
泉岳寺の三松で紅しょうが天そば390円です。汁の具合が素晴らしく、ほとんど飲み干してしましました。なお、自宅から直線距離で4番目に近い(約800m)泉岳寺前の三松ですが、2021年1月中頃で閉店し、京成の青砥駅構内に移転します。芝浦、三田、高輪の界隈の路麺店は減る一方です。丸長、そば達、瀬戸うどん高輪、ゆで太郎高輪、ゆで太郎海岸に三田食堂?

2020年12月2日追記:閉店時期が1か月延びましたので本文を訂正しました。

2021年1月16日追記:2021年1月15日で閉店となりました。

201111mimatsu4 201111mimatsu5

三松
東京都港区高輪2-16-39
立ち食い50、東京都53、港区27、再訪

| | コメント (0)

笠置そば@門前仲町(2020/11/10)1

201110kasagi2201110kasagi 201110kasagi3
門前仲町から北へ10分ほど、笠置そば深川店でかき揚げそば450円です。券売機無しでL字立ち食いカウンターの店内です。もり、かけ340円、ざる400円、きつね、たぬき、わかめ、月見400円といったお品書きです。ここは生麺を都度茹で、かき揚げも揚げ立てでの対応で店長のこだわりが半端ないです。熱々の濃いめの汁と生麺がマッチしています。かき揚げは玉ねぎ、ニンジンの構成でした。ねぎがフリーです。営業時間は月-金は6時45分から14時30分まで、土曜は14時まで、日曜がお休み。

201110kasagi4 201110kasagi5

笠置そば
東京都江東区深川2-11-5
立ち食い49、東京都52、江東区1、初

| | コメント (0)

千曲食堂@練馬(2020/11/09)1

201109chikuma2201109chikuma 201109chikuma3
練馬区役所の近所にある千曲食堂で天ぷらそば600円です。カウンターだけの店内で昼前から先客の女性はウーロンハイでご機嫌ですね。天ぷらそばを注文すると乾麺の袋を開けて、1束から少々麺を減らして鍋で茹で始めました。引き続き玉ねぎを刻んで、天ぷらを揚げ、濃縮汁をお湯に入れて茹で上がったそばにかけて出来上がりです。これでも一応茹でて、揚げ立てになりますね。カウンターの隙間から丼が出てきました。薄口の仕上がりで、なんだかおばあちゃんの家の昼食な感じです。女店主さんが健在の間に訪問できました。飾られている開店祝いの額をよく見ると元は中華洋食宝華だったようです。

2024年1月29日追記:すでに閉店しています。

201109chikuma4 201109chikuma5

千曲食堂
東京都練馬区豊玉北5-32-3
準路麺6、東京都51、練馬区1、初

| | コメント (0)

そばっ子@金町(2020/12/02)2

201102sobakko2201102sobakko 201102sobakko3
金町駅南口のそばっ子に2005年月21日以来の訪問で、かき揚天ぷらそば350円です。駅前の再開発で旧店舗から、非常に狭い現店舗に移転したことは路麺ファンにとっては常識の話です。さて、店内外に券売機2台ありまして、もり、かけ250円、ざる350円、たぬき、生玉子、ゆで玉子300円、わかめ320円、きつね340円と安価ですね。店内は厨房に面した非常に幅の狭い立ち食いカウンター席(普通に立つと店外に体がはみ出しそう)と券売機と並んだ少し広めのカウンターです。この状況では店内の券売機を撤去した方が良さそうに感じますが。さて生麺の茹で時間で少々待っての登場。茹で立てで腰があり、出汁の効いた汁に合っていい感じです。かき揚げ天ぷらは玉ねぎ、紅生姜、ねぎの構成でした。営業時間は6時から暫定的に20時まで、ほぼ無休です。

2021年7月23日追記:残念なことに2021年7月15日で閉店しました。再開発ビルには主に家賃の面で入居できなかったようです。

201102sobakko4 201102sobakko5

そばっ子
東京都葛飾区金町6-4-1
立ち食い48、東京都50、葛飾区1、再訪

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »