« 2020年6月 | トップページ

小諸そば@芝浦(2020/07/30)4

200730komoro2200730komoro 200730komoro5
小諸そば芝浦店のもりそば290円で虫おさえです。あっさり平らげましたが、蕎麦猪口が以前と変わっていて、そば汁の量が少なくなっているようです。

200730komoro4 200730komoro3

小諸そば
東京都港区芝浦3-11-9
立ち食い24、東京都25、港区19、再訪

| | コメント (4)

2020年8月11日付路麺店閉店リスト

2020年に入ってから路麺店の閉店が続いています。
都内を中心に大手チェーンを除き、わかる範囲でまとめておきます。日付のないものは順不動です。

丸長@田町
六文そば@昌平橋※追加
そば新全店(御茶ノ水・蒲田・自由が丘・それ以前に新富町)
信濃路@大森
あさひ@平和島
青砥そば@青砥
宇ち乃@市ヶ谷
駅そば@東中野
源太郎そば@春日
てっちゃん@豊洲/東雲
嵯峨谷@神保町
一休@稲城長沼
明神そば@御茶ノ水(2020年7月20日)
麦の城@大森(2020年7月22日)
越後そば@東陽町(2020年7月22日)
そば達@芝浦(2020年7月22日)
曙@曙橋(2020年7月23日)
本家しぶそば(2020年9月13日)※追加
新角@有楽町(有楽町高架下での復活ならず)
なごみそば@板橋区役所前(閉店確定)

| | コメント (2)

いまゐ@外苑前(2020/07/22)1

200722imai2200722imai 200722imai3
外苑前の「いまゐ南青山店」でかき揚げそば530円です。ここは日本レストランシステムの経営で「いまゐ」ブランドはここの他に新横浜店があります。ちなみに南青山店の上にある洋麺屋五右衛門も同社のブランドです。タッチ券売機で食券を購入すると自動的に厨房に注文が入るシステムです。そのままカウンター席に座って番号が呼ばれるのを待ちます。店内はカウンター席がメインですが、左奥にテーブル席も若干あります。基本のメニューはかけ、ざる380円、たぬき420円、月見440円、きつね460円で青山界隈のそば屋よりは安いですが、立ち食いそばとすると高いので準路麺扱いとします。さて番号が呼ばれたので取りに行き、席に運んでいただきます。生麺の茹で立てにかき揚げは玉ねぎ、ニンジン、桜えび、水菜?、ねぎ?の構成で、サクサクなので最後は崩壊しました。汁はすっきりしていて、ぐいぐい飲めるタイプです。暫定の営業時間は11時から20時まで(LO15分前)でほぼ無休です。

200722imai4 200722imai5

いまゐ
東京都港区南青山2-22-1
準路麺4、東京都24、港区18、初

| | コメント (0)

一心たすけ@三田(2020/07/17)10

200717tasuke2200717tasuke 200717tasuke3
三田駅前の一心たすけで、天ぷらそば(紅生姜天)450円です。生麺茹でたて、紅生姜天は揚げ置きですが、油がしっかり切れていてよい感じです。紅生姜がたっぷりの赤い円盤で、齧る度に清涼感と辛みに襲われますので、やっつけるのに随分時間が掛かりました。近くの富士そばにも紅生姜天がありますが、そちらは赤の比率が低いので、辛さを堪能したい場合は20円高いですが、当店の方がよいかと思います。

200717tasuke4 200717tasuke5

一心たすけ
東京都港区三田5-27-13
立ち食い23、東京都23、港区17、再訪

| | コメント (0)

かのや@新橋(2020/07/16)1

200716kanoya2200716kanoya 200716kanoya3
新橋駅の高架下にあった「ポンヌッフ」の跡地にできた「かのや新橋駅銀座口店」です。2019年11月1日にオープンしていましたが、すぐそばの「かめや新橋駅構内店」があるので後回しにしていました。店の場所が東海道新幹線の高架下で、JR東海の管轄のためtoICa対応の券売機になっています。Suicaでかき揚そば460円を購入です。店内が狭いのでうどんはありませんので、うどんは構内店での対応になります。もり、かけ320円、ざる380円、たぬき、月見380円、わかめ480円でかき揚よりわかめが高いですね。店内は椅子有りのカウンターのみで奥は行き止まりです。ポンヌッフ時代は椅子が無かったので、もう少し余裕があったような気がしますがどうなんでしょうか。生麺にかつおが香る汁、かき揚は玉ねぎメインで、春菊とイカゲソ少々の構成でした。2020年7月の営業時間は月-金の7時30分から23時まで、土日祝がお休みです。
余談ですが、都心の高架下にあった路麺店で、耐震補強などで閉店し復活できたのは有楽町駅の後楽そば(五反田駅に復活)だけですね。有楽町の新角、新橋のポンヌッフも工事終了後に復活することを表明していましたが、どちらも希望はかないませんでした。ポンヌッフの跡地に同業が入ったことが、せめての救いなのかもしれません。

200716kanoya4 200716kanoya5

かのや
東京都港区新橋2-17-6
立ち食い22、東京都22、港区16、初

| | コメント (4)

富士そば@三田(2020/07/13)2

200713fujisoba2200713fujisoba 200713fujisoba3
富士そば三田店で店舗限定の冷製コーンポタージュそば420円です。富士そばは自宅近辺に何軒かありますが、店舗限定品に当たりませんでした。ちなみに小諸そばでも限定品に縁が無いです。そういうわけで、本来ですと限定品を狙って富士そばに行くことはまず無いのですが、近所の三田店で「コンポタそば」があることが分かったので訪問した次第です。ポッカサッポロの缶のコーンスープと、粉末スープをそばにぶっ掛け、天かすを散らしています。よく混ぜないと粉スープでむせます。あっさりさっぱり頂きました。そうそう、麺の量が多く感じましたが、富士そばのぶっかけ系は麺が元々多めなのでしょうか?

200713fujisoba4 200713fujisoba5

富士そば
東京都港区芝5-31-7
立ち食い21、東京都21、港区15、再訪

| | コメント (0)

そば谷@板橋仲宿(2020/07/07)1

200707sobatani2200707sobatani 200707sobatani3
板橋区役所前と板橋本町のほぼ中間にある「そば谷」でそば並270円に五目かき揚180円で計450円です。2020年2月12日の開業時は深夜帯の営業のみで訪問できないでいましたが、今回の騒動で昼営業にシフトしたため訪問と相成りました。さて、「そば谷」という店名ですが、閉店した東十条の名店からその名を受け継ぎ、麺と出汁も継承したそうです。店内は立ち席カウンターのみで券売機はなく、カウンターで前払い。興和物産の茹で麺で揚げ置きのかき揚げを乗せてすぐ供されました。濃いめの汁にかき揚げは掲示によると玉ねぎ、ニンジン、春菊、アカイカ、花咲蟹カマの構成でした。麺は並270円、半分200円、大盛350円、トッピングはわかめ、たまご(生・茹)、揚げ玉60円、きつね100円です。麺半分があるのは一由そばの系列みたいですね。ちなみに並でも麺量は多め(私基準)に感じました。11月から4月までのすいとんも気になります。営業時間は月-土の5時から9時、11時から20時までで日曜が定休です。なお深夜帯の営業は夜の人出をみて再開する模様です。

200707sobatani4 200707sobatani5

そば谷
立ち食い20、東京都20、板橋区1、初

| | コメント (0)

小諸そば@芝(2020/07/02)1

200702komoro2200702komoro 200702komoro3
小諸そば芝店でかき揚げそば、創業価格で270円です。そばは茹で立てでしたが、かき揚げは揚げ置きでした。実を言いますと、ここは何回か来ていますが、単独行動ではなかったので今回で初訪問にしました。
野暮用で夕刻近くの訪問でしたが、真向かいの客は食後にノートパソコンを広げて何かやっています。無粋な輩はどこにでもいるもんですな。

200702komoro4 200702komoro5

小諸そば
東京都港区芝3-17-1
立ち食い19、東京都19、港区14、初 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ