« いろり庵きらく@田町駅(2014/12/05)1 | トップページ | 丼匠@東京駅八重洲北口(2014/12/13)1 »

東西そば@西五反田(2014/12/13)1

141213touzai2
141213touzai 141213touzai3
五反田駅から東急バスの渋谷駅行きに乗って2つ目の荏原1丁目で下車、バス道を少々戻った信号の角地に路麺の「東西そば」があります。入口には「セルフ 社食風 学食風」「只今営業chu(キスマーク)」とかが掲示されています。店内に入り「温かいかき揚げそば」を口頭でカウンターの店主に注文。然る後に店内の自販機ならぬ清算機に400円をいれますが、食券は出てきません。この注文システムは初めてですね。先客が2名いて、少々待ち時間があるようなので、店内を観察。大きい円形のテーブル1卓、2人掛けテーブルが2卓、4人掛けが1卓と立ち食いカウンターが1列あります。豆腐の野口屋の箱がカウンターの足代わりになっていますね。メニューはかけ250円、もり250円、たぬき300円といったところです。変わったところでは「そばぎょうざそば」350円なるものがあります。蕎麦粉の入った餃子皮でできた水餃子が入ったものが「そばぎょうざ」とのことです。


しばらくして完成したとのコールがあり、受け取りに行きましたところ、かき揚げが大きくなってしまったとの店主の弁です。小さいよりは良いかなと思い、丼をみると出汁がないですが、事前に調べておいたので驚きません。カウンターの前に出汁の入った電気ポットが2つ置かれていて、関東風・関西風から選んで自分で入れるシステムです。今回は初回のため、関東風のみを注いでテーブルに運びます。麺は生麺の茹で立て、かき揚げも揚げたてで、玉ねぎ、にんじん、紅ショウガ、ネギの構成です。さっくりと揚がっていますが、汁をどんどん吸っていきますので、汁は大目に入れた方がよいですね。バランスが良い一品です。箸はエコ箸です。食後の片づけがやけに細かく、残った汁はここ、丼はここへとかが貼りだされていますが、実際は店主にお盆ごと返すだけでOKでした。営業時間は11時頃から20時頃までだそうで、一応無休だそうでが、未確定のところもあるとのことです。

141213touzai4 141213touzai5

2016/05/25追記:pinsukeさんからの情報によると、閉店したそうです。残念。

東西そば
東京都品川区西五反田6-23-10

|

« いろり庵きらく@田町駅(2014/12/05)1 | トップページ | 丼匠@東京駅八重洲北口(2014/12/13)1 »

「立ち食いそば」カテゴリの記事

閉店しました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80654/60815012

この記事へのトラックバック一覧です: 東西そば@西五反田(2014/12/13)1:

« いろり庵きらく@田町駅(2014/12/05)1 | トップページ | 丼匠@東京駅八重洲北口(2014/12/13)1 »