« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

きがる@新高円寺(2014/08/28)1

140828kigaru2

140828kigaru 140828kigaru3
新高円寺駅の3番出口を出て左、青梅街道上り線沿いの新高円寺駅前郵便局の横に「きがる」があります。自販機が外にあるので、かき揚げそば350円を購入。ちなみに「かけ」は250円です。自販機の他にもメニュー写真が盛大に貼りだされていて賑やかです。中を覗くと昼時でほぼ満席、食券を店主に渡すと、そばかうどんか、大盛りにするか聞かれました。かき揚げそば・うどんは営業時間内なら大盛り無料のサービスを実施していましたが、今回は普通盛りでお願いしました。店内は細長く左側に並んだ椅子ありカウンター1本のみ。一番奥がトイレ、奥から右側に返却口、厨房の入口をはさんで、トッピングなどのカウンターが続き、一番入口側が釜場になっています。今回は手前側のトッピングカウンターの近くに座りました。待つほども無く出来上がり。エコ箸で麺を一口。麺は茹で麺でいたって普通、汁もかき揚げもいたってオーソドックスですが、こういう店があるのがありがたいことです。食後に店頭の麺箱で興和物産の麺だと分かりました。営業時間は7時30分から21時までで年中無休。大崎広小路にも系列店がありますが、そちらは未訪問のまま2014年12月26日で閉店しました。
また2014年11月から営業時間が変更になり、22時までになっています。

140828kigaru4 140828kigaru5

東京都杉並区高円寺南2-16-2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

そばせい@品川区大井(2014/08/27)1

140827sobasei2

 

140827sobasei 140827sobasei3 西大井駅から光学通りを大井町方向へ4-5分歩くと小野学園の向かいに「そばせい」があります。通りから奥まったドアを開け、右手の自販機でかき揚げ天そば410円の食券を購入。ちなみに「かけ」は320円、海老天が500円、春菊天が440円などと、各種丼物、カレーとのセットものがあります。かき揚げ天(単品)は80円・・・あれ?かけにかき揚げ天を単品で頼んだほうが安い?まあ、ともあれ食券を店員さんに渡して、4人掛けのテーブル席で待ちます。13時前ですが、客は私一人だけです。席はすべて椅子席で、テーブル席は4人掛けが2つ、2人掛けが3つ、カウンター席が5席あります。店内禁煙のため、外に喫煙所があります。4-5分ほど待って丼が運ばれてきました。一口啜ると細めの生麺が香ります。かき揚げ天は揚げたてです。少々重めのかき揚げの中身はたまねぎがメインで、少々小柱が入っているようです。汁は出汁がいい感じです。丸いエコ箸で少々扱いにくいですが、すぐに完食。お盆に乗せた丼を下げようとしたら、店員さんが運んでいきました。最混雑時でなければ自分で下げなくても良いようです。営業時間は11時30分から14時までと、17時から22時まで。ただし土曜日は夜だけの営業です。日曜がお休みです。

2018/07/19追記:どうやら昼の営業をやめたようです。
https://twitter.com/oi_sobasei

2019年7月18日追記:昼の営業を再開していますが、値段が大幅に上がりましたのでカテゴリーを変更しました。
https://sobasei.owst.jp/

140827sobasei4 140827sobasei5

 

東京都品川区大井2-19-12

| | コメント (1) | トラックバック (0)

二月堂@五反田(2014/08/25)1

140825nigatsudo2

140825nigatsudo 140825nigatsudo3
五反田駅の西口を出て桜田通りを渡り、ファミリーマートと小法師の間の道を進むと、「二月堂」があります。左手に見える看板には「自家製麺」の表示があります。店頭のメニューを確認すると、もり、かけ380円、かき揚げ500円と少々高級路麺です。自販機でかき揚げ500円の食券を購入し、店員氏に渡します。店内は14時過ぎですが、ほぼ満席。椅子ありカウンターと4人テーブル席が3卓あり、入り口側のテーブルに合席です。水はテーブルにポットとコップが置いてあるので、セルフかと思っていたら店員氏が運んで来ました。しばし待ってかき揚げそばが登場。丼よりも大きいかき揚げで、そばと汁がみえません。丼には木製の蓮華が添えられています。「揚げたてなので気をつけて」と言われましたが、確かにジュウジュウと音が上がっています。まずは、自家製麺のそばをということで、かき揚げを割りそばを引っ張りだして一口。細麺でのど越しが良いです。しかしかき揚げの油で汁が高温になっていて、汁の味が良くわかりません。半分くらい食べ進めたところでようやく汁の様子がわかりました。良い出汁を使っていて、自家製麺のそばに合っています。玉ねぎ、にんじん、春菊でできたかき揚げですが、汁にどんどん溶けてどろどろになってきまして、そばが埋もれてきました。塗りのエコ箸だけではそばを捕まえるのは困難です。それで蓮華がついてきたんですね。それでも何とか完食しました。この手のかき揚げは別盛りがいいですね。営業時間は11時から16時までと17時から22時まで。夜は居酒屋モードになるようです。
140825nigatsudo4 140825nigatsudo5

東京都品川区西五反田2-6-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば翔@目黒(2014/08/25)1

140825sobasho2

140825sobasho 140825sobasho3
目黒駅西口を出ると正面に立ち食いそばの名店「田舎そば」があります。その左手の坂を下っていくと「そば翔」に着きす。元は別の立ち食いそば店でしたが、ほぼ居抜きで変わったようです。昼時で満席でしたので、外で5分ほど待ちました。メニューを確認すると、かけ250円、天ぷら350円、たぬき、きつねは320円。入り口の右手の自販機の押しボタンは規則的に?点滅を繰り返していて賑やかです。設定でこのようなことが可能なんですね。3人が出てきて店内が空きましたので、入店して、自販機で天ぷらそば350円の食券を購入。奥のカウンターに渡します。椅子ありカウンター2列ですが、落ち着いて座れるのは3人+3人位でしょうね。「生麺をその都度茹で」との事前情報でしたが、ランチタイムはある程度は茹で置きがあるようで、割と早く出てきました。かき揚げは玉ねぎ、にんじんと春菊?でしょうか。汁のなかにはネギの他にわかめと水菜が入っていて賑やかです。そばはきっちりとしたもので、出汁にあっています。営業時間は11時から15時30分までと16時30分から23時まで。日曜祝日定休です。自販機の画像はタイミングが悪く、全滅の時でした。

140825sobasho4 140825sobasho5

東京都目黒区目黒1-4-9

2107/01/06追記:駅そば選手権さんの情報では閉店して、牛かつ屋になったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸八そば@船堀(2014/08/20)1

140820maruhachi2

140820maruhachi 140820maruhachi3
東京都東部に展開するミニチェーン店「丸八そば」の船堀店です。 自販機無しL字のカウンター席のみです。猛暑の中ですが、 基本のかき揚げそば(温)400円(税込)を口頭注文しお金をカウンターに置きましたが、後で払ってもいいみたいです。九州とは違いそばとうどんは同価格です。かけは300円、もり300円、ざるが380円です。「もり」と「ざる」がどう違うのかは不明です。 麺は冷凍麺ですが、戻し方が上手いので冷凍っぽさがないです。かき揚げも油切れがよく、濃いめの出汁にあっています。 麺類はそば、うどんの他にラーメンもあります。 定食メニュー、セットメニューも豊富です。 変わったところでは「とくメニュー」なるものがあり、 本日はしめじと玉ねぎのかき揚げが50円でした。 昼時で混雑しており、店内に待ち客がいる状況で人気店のようです。 営業時間は月曜日の6時30分から日曜日の22時まで。 元は24時間無休でしたが、変更になりました。 月曜が祝日の場合、日曜は営業し、月曜の22時で閉店、火曜の6時30分に開店になります。 船堀街道沿いに店がありますが、路上駐車はせずに近くのコインパーキングを利用してください。

140820maruhachi4 140820maruhachi5

東京都江戸川区東小松川4-54-14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根そば@祖師谷大蔵(2014/08/19)1

140819hakone2

140819hakone3小田急線祖師谷大蔵駅の高架下にある「箱根そば」です。自販機あり、 立ち食いカウンターと、椅子ありのカウンター、テーブル席があります。 暑いので冷やしかき揚げそば410円(税込)を注文。ちなみにかき揚げそばは380円で、かけは270円です。そばとうどんは同価格になります。麺は生麺の模様。 冷やしはわさびと大根おろしがついてきました。エコ箸を使用していますが、割り箸も選べます。かき揚げの通常サイズは110円ですが、60円の小サイズがありますので、おなかの具合とダイエットの有無で選択ができるのはありがたいです。そば湯あり。営業時間は7時から21時まで、ラストオーダーは20時45分です。

140819hakone4

東京都世田谷区祖師谷1-7-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »