« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

北九州駅弁@小倉駅7-8ホーム(2013/05/25)1

130525kokura782
130525kokura78 130525kokura783
立ち食いそば・うどん、ラーメン店が在来線各ホーム4つ、乗り換え通路に1つが存在する、九州最大の立ち食い駅である小倉駅に来ました。ここはお初の北九州駅弁でということで、乗り換えのわずかな時間を利用しました。自販機なし、椅子なしのカウンターです。一番安いのが、かしわうどん350円でそばは20円増しの370円。オーダーしたかき揚げそばは470円です。麺は横尾製麺のゆで麺でしっかりしたタイプ、かき揚げの他にかしわの煮つけがトッピングされていました。営業時間は7時から22時です。

130525kokura784

この後門司港へ移動し、平成筑豊鉄道の門司港レトロ観光線を乗車して、九州の普通鉄道の未乗車は九州新幹線博多-鹿児島中央だけになりました。

徒歩で関門人道トンネルを抜けて下関市へ入り、トンネル出口から急坂を上って、火の山ロープウェイも乗車。ここのロープウェイは経営が「火の山」ならぬ「火の車」状態になっていて、営業日時が限定されています。

すぐに折り返してバスで下関駅に。駅は改築中で何もありません。駅の隣のシーモールの地下にあった焼きそばとたこ焼きの店が大繁盛ですが、昼は別の予定があるのでパス。再びバスに乗って唐戸地区へ。唐戸市場は築地の場外市場みたいなところで、買った海鮮物をその場で丼なんかにするのが売りですね。ここも見学だけにとどめ、黄色い船で「決闘の聖地」(こんな物に聖地があるですな?)の巌流島へ。ここもタッチアンドゴーで引き返し、今度は関門汽船の船で門司港へ。これで関門海峡横断全制覇です。JR在来線、新幹線、関門トンネル自動車道、今回の人道トンネルと関門自動車道の関門橋と今回の船です。実はヘリコプターで観光飛行というのがあったのですが、下関から出発して、門司側に降りるわけではないので、パスということに。

小倉に戻って「娘娘」で肉焼きめしの小と餃子で遅めのランチ。小ですが、小食な人はこれでも満腹になると思います。ちなみに豚骨ラーメンスープがついてきます。マスコミで度々紹介される有名な店ですが、小さくて、少々き・・・です。1Fのカウンターと厨房の間にガラス戸があるのが印象的でした。

ソニックで博多へもどりましたが、香椎駅を過ぎたところで意識がなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンポイント@下関市長府(2013/05/22)1

130522tenpoint2
130522tenpoint 130522tenpoint3
タウンページで探した駅以外の立ち食いそば(路麺)の「テンポイント」です。下関市長府の商店街を南に抜けたところにあります。店内は自販機あり、椅子有りのカウンターとテーブルです。今回はごぼう天490円を注文。ごぼう天は厚切りと細切りができるそうで、今回は細切りでお願いしました。一番安価なそば、うどんは370円です。麺の種類は判然としませんが、冷凍ののように思います。出汁が自慢との案内の通り、すっきりした味わいのあるものでした。天かす、ネギ、しょうががフリーで、さらに出汁昆布を再利用した佃煮もサービスです。営業時間は10-20時で休みは変則の模様です。5月は連休までが水曜日、以降は火曜日でした。

2015/11/04追記:コメントにもありますように、閉店した模様です。

130522tenpoint4

山口県下関市長府黒門東町10-6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬼笑亭@宇部駅(2013/05/22)1

130522kishoutei2_2
130522kishoutei
どことなく寂れた感じの宇部駅の改札外にある立ち食いそば「鬼笑亭」に行ってきました。自販機有り、椅子なしのステンレスL字カウンターの店内です。かけそば・うどんに相当するものがなく、一番安いのが「かやく」でそばもうどんも310円。天ぷらそば360円を注文しました。麺は袋めんのゆで麺をしっかり目に暖めていました。これでは麺の腰がどうなるのかと思っていましたが、十分にしっかりしていました。天ぷらはどん兵衛タイプの衣の塊です。これに赤巻のかまぼこと竹輪が一切れずつトッピングです。汁はやや醤油の色があるタイプでした。営業時間は6時30分から16時です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

玉名PA下り@九州道(2013/05/21)1

130521tamanapa2
130521tamanapa
九州道玉名PA下り線のスナックコーナーです。自販機あり、椅子有の店内。麺は冷凍、かき揚げは玉ねぎベースに小エビ、グリンピース入りで、エコ箸使用でした。

かき揚げそば450円 かき揚げ(130円) 営業時間7時から20時まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きっちょううどん@宮崎市橘通り(2013/05/13)1

130513kichou2
130513kichou 130513kichou3_2
宮崎のうどんチェーンの「きっちょううどん」橘通店に来ました。自販機無しでレジ注文、椅子ありのカウンターとテーブル席ですが、セルフサービスのうえ、並うどん・そば(かけ)が220円と安価なためご紹介します。実の所帰宅後調べて分かったのですが、このチェーンは一般価格と宮崎特別価格の2種類があり、更に宮崎特別価格にも2種類があります。並うどんの一般価格280円、宮崎特別価格は190円、宮崎特別価格のうち橘通店と都城吉尾店は220円になっています。野菜天そば330円を注文の際、「ねぎ多めも出来ます」と聞かれましたが、普通でお願いしましたところ、結果としては普通でもねぎは十分に多いです。出汁は若干醤油色があるもので、野菜天は玉ねぎ、人参、さつま芋でした。店内禁煙です。

130513kichou4

営業時間6時から翌日の深夜3時まで。
宮崎市橘通西3-3-27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雅隆製麺@博多駅地下街(2013/05/12)1

130512garyu2
130512garyu 130512garyu3
博多駅博多口の地下街にある立ち食いそば(路麺)の「雅隆製麺」です。何回も店の前を通ってはいましたが、いつでも行けそうなので後回しになりました。店頭には立ち食いとありますが、全席椅子有です。16時までは自販機で食券を買ってセルフそば屋で、16時以降は居酒屋モードになります。この店の特徴はもり、かけとも甘口(博多風)と辛口(関東風)が選べることです。自販機ではわかめとごぼう天は博多風でしか出来ないようですが、どうなんでしょうか?今回はかけそば関東風汁280円にしました。海老天が100円で、この立地ではかなりお得な値段です。食券を渡すと、黄色いプラスチックの番号札を渡されて呼ばれるのを待ちます。汁は今までの九州のかけ汁の中では一番の黒味です。ねぎが博多ねぎなのは許容範囲としまして、汁を一口すすると、関東風にしては甘いですね。もう一段醤油味を足した方が良いかと思います。そばは押し出しタイプの生麺でしたが、九州では初めてです。九州には珍しく、この店にはうどんはありません。

130512garyu4

営業時間月-金10時から22時まで、 土日祝は21時まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大徳屋@西新商店街(2013/05/12)1

130512daikokuya2
130512daikokuya 130512daikokuya3
西新商店街へやってきました。ここはアーケードはありませんが、活気のある商店街で地下鉄の西新駅から隣の藤崎駅まで続いています。西新駅を降りて4B出口をでてすぐ右に街そばの「大徳屋」があります。自販機なし、席注文の後払いですが、かけが330円ということで許容範囲とします。頼んだのは丸天そば450円です。ゆで麺のもっちり系で例によっての透明な汁です。天かすがフリーですが、この店は一本揚げのごぼう天のため、天かすにごぼうは混じらないようです。

営業時間11時から19時、火曜休み。

福岡市早良区西新4丁目8-15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めん処三喜@柳橋連合市場(2013/05/11)1

130511miki2
130511miki 130511miki3
福岡市民の台所、<柳橋連合市場に来ました。市場といっても卸売専門ではなく、小売りがメインです。東京でいうと築地の場外市場をぐっと縮小した感じで、魚介類を中心に生鮮食品を扱う店が並んでいます。この一角あるのが路麺の「めん処三喜」です。「一日に一食は粉食を」の看板が掲げられた三木製麺所の直営ですが、木が喜に代わっているのは店主の名前に由来するかと思われます。自販機なし、椅子有のL字カウンターの店内で、TVはトライアスロンを映していました。今回はきつねそばを注文。麺はもっちりした麺できつねは大阪ほど甘辛くはない味付け。自家製天かすがフリーなので、少々振りかけますとごぼうの欠片が楽しめました。カツ丼のカツは注文が入ってから揚げていました。朝10時30分ぐらいまでは朝食のメニューがあり、納豆ごはん、目玉焼きごはん等が食べられます。

かけ300円、ごぼう400円など 営業時間7時30分から17時位まで、日祝休み。

福岡市中央区春吉1-7-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »